May Life

日常の出来事、感じたことを書きます。

カテゴリー "Travel" の記事

神戸どうぶつ王国。

忙しかったり、疲れていたりでまたブログから遠ざかってしまっていた。
だいぶ前に書いた記事だけどアップします。

6月5日の病院付き添いの後、どうぶつ王国(元花鳥園)へ行った。
夕食には早すぎる、大雨だし。どうしよう?買い物も飽きた。雨の影響のないところ、、、まだ行ったことがないどうぶつ王国へ行こうとなった。

ここは17:00の閉館。
着いたのは16時を過ぎていたので早足で見て回った。

20150605_140212000_iOS.jpg

あまり動かないらしいハシビロコウ。
この日は積極的に歩いたり羽を広げたりしていた。

20150605_072854237_iOS.jpg

ペリカンたち。

20150605_072837104_iOS.jpg

ブラックスワン!

20150605_073239936_iOS.jpg

大きなうさぎ。白いのが通常サイズ。

20150605_140219000_iOS.jpg

陸ガメ。

20150605_073548867_iOS.jpg

テレビでしぐさがおじさんのようだといってた豆蔵。
(見た映像では、枕をかかえて寝ていた)
走っていたのでぶれぶれ。

20150605_140234000_iOS.jpg

カピバラ。かわいい、が所詮大型のネズミ。
頭は良くない、心(感情)はない(と思う)
大きなフロアに放してあり、触ることもできるようにしてある。
少し離れた場所で飼育員さんが餌をばらまくとそれめがけて一斉に集まってくる。
えさにのみ反応。
のんびりした容姿のわりにかなり動きは早い。うち1匹、餌にありつこうと必死でTに衝突((笑)
少し痛かったらしい、、、

20150605_073616580_iOS.jpg

ナマケモノ。よく見るとかわいい。
となりの木へ渡ろうと必死で手を振り回していたけれど。
距離があることに気づいて断念していた。
1日8g程度の植物の摂取で命を保っているのだからある意味すごい。

20150605_140310000_iOS.jpg

最後にアルパカと記念撮影。
ラクダと一緒で怒ると唾をかけてくるらしいので少し緊張してしまった。

忙しなく回ったので見落としたものも多数あったみたい。
ペンギンとか、、、見てない。
花もたくさんあって綺麗だったし次はもう少しゆっくり見て回りたいな。
スポンサーサイト

岐阜 郡上八幡。

DSCF1576.jpg


岐阜 郡上八幡。

所用あって日帰りで岐阜郡上八幡へ。
午前中で用事を終わらせ少しだけ観光を楽しんだ。

郡上八幡城。
城下町からてくてく歩いて行った。
駐車場の管理人さんの説明では、そこを曲がったところにある、、、と
いかにもすぐ近くのようだったけれど、結構いやかなり距離があった。
それに山道(舗装はされていたが)だったので息も上がる。

DSCF1578.jpg

ここ1年半余りトレッキングに行っていないので膝がプルプルする。
やっと到着したと思ったらまず無料の駐車場が目に入った。
まぁこういうこともあるかー、、、良い運動にもなったし。

DSCF1579.jpg
また歩いて下山して城下町を散策。
ここは食品サンプル発祥の地らしい。


DSCF1586.jpg
焼き立ての鮎もよく見ればサンプル。


DSCF1580.jpg
お昼はこの辺りの名物だという鶏ちゃん。



DSCF1584.jpg
DSCF1582.jpg


郡上八幡はマイナーな場所なのに中国人観光客が多かった。
東北では一切見かけなかったのに。
食品サンプル目当てなのかな。

帰りは九頭竜湖畔を通って北陸道で帰路。
かなーり時間がかかってしまいくたくた。

DSCF1589.jpg

東北旅行-6

DSCF1565.jpg


6日目。

疲れていたのかこの日はぐっすり眠れた。
少し寝過ごしそうになったくらい。
朝のバイキングは混雑するから少し早目に来るように言われていたので
いつもより少し早い朝。

時間に少し余裕ができたので帰る前にもう一つ古民家を見学した。
長谷川家邸宅。

DSCF1570.jpg


冬じゅう薪を燃やして屋根を燻して虫がつかないようにしているらしい。
いろいろと見て回ったがこんなににおいが気になったことがない。

さぁ、ここから北陸道、舞鶴自動車道経由で帰路につく。
道は悪いけど、渋滞がなかったので楽々帰ることができた。
ガタガタ道じゃなければなぁ。。。あと単調すぎるのもちょっと。

走って走って20時前に帰宅。
出かける前は長いなーと思っていたけれど終わってみればあっという間。

今回の旅行、一人で運転、距離もあるのでどうなるか不安だったけど
天気に恵まれ、事故なく喧嘩なく無事に帰ってくることができた。
ホテルも5泊6日と長いので会津若松ではビジネスホテルを利用したり、
夕食なしのプランにし、外で軽く食べる程度にした日もあった。
毎日コース料理も疲れてしまう、体にも良くない。。。
これは正解だったかな。
最近はビジネスホテルをファミリー旅行で利用するケースが増えていて、ビジネスマンが宿泊難民になることがある
なんて新聞に書いてあったけれど、それもなるほどなーと納得。そこそこ綺麗、音は多少気になったけど。

次の旅行は、涼しくなってから。
青森、秋田、岩手、山形はまだ行ったことがない。
このあたりを目標に、また毎日がんばろう。
20150503_095339382_iOS.jpg


長岡のホテルで食べたのどぐろ。脂が乗っておいしかった。
このほかにお刺身や天ぷらなどもついたコースで5000円弱。
境港の7000円もした干物はなんだったんだろうなぁ。。。

東北旅行-5

写真の整理が億劫で更新が遅くなってしまった。
更新日は旅行日当日のものとします。

DSCF1562 - コピー


5日目。

猪苗代湖畔をくるっと一周。
湖畔沿いを一周できると思い込んでたけれど大間違い。
湖から離れたり近寄ったり。

考えていたよりかなり時間がかかってしまった。
迷いながらもどうにか一周。

DSCF1559 - コピー

青松からの眺め。
ここでまたライダーに声をかけられた。
見慣れないナンバーのためか、毎日どこかで声をかけられる。

猪苗代湖といえば野口英世記念館があるが、母が本当に素晴らしい人物なのか疑問に思う(←小説の影響らしい)と
と言い、入りたくない様子だったので見学せず。

湖畔にあった天鏡閣と迎賓館を見学。

DSCF1546.jpg


いずれも有栖川宮の持ち物であったそう。

別宅。
内部の見学は事前の予約が必要だったらしく、外観のみ。

DSCF1557.jpg

DSCF1553.jpg


立派な長屋門。

さぁ、、、観光も今日まで。
新潟 長岡で一泊し北陸道経由で帰路につく。

何故長岡で泊まる事にしたかというと母がR252を通りたかったため。
しかし、田子倉ダムまでしか開通しておらず、、、

R49で新潟へ。
ていしあさんありがとうございます、また磐越を通るのもつまらないなと思っておりました

途中、何を撮っているのか三脚を構えている集団を発見。
どうも只見線の電車を待っている人達のようだった。そういや以前テレビでやってたな。

長岡へ行くのだから新潟まで行かずに途中R290に入った。
R49のような道を期待したけれど、、、これもまた大間違い。
生活道路のようなところもあって苦労した。
地図をみると峠を越えれば長岡のようだったけれど少し距離があったし、また狭い道があり時間がかかるのも
つらいので三条燕から北陸道へ入って長岡まで走った。

あぁ疲れた。

今日はほぼドライブのみで終わり。
もっと地図を良く読めるようにしないとなぁ、、、あと事前の下調べと。
途中新潟まで行って休館だった笹川家住宅へ行けば良かったな、とも反省。

さぁ明日は帰路。

東北旅行-4

DSCF1533.jpg


4日目。

五色沼。
往復7キロのコースを歩く、久々にトレッキングシューズとストックが役に立った。
久々の運動、、、
一番大きな毘沙門沼ではボートも乗ることができたけど、、、
ワタシ、ボートを上手く漕ぐことが自信がなく、戻ってこれなくなる可能性もあったので諦めた。
(最後に乗ったのは10年近く前、乗ってみれば案外どうにかなったのかもしれないけれど)

DSCF1520.jpg

DSCF1522.jpg

DSCF1535.jpg

DSCF1527.jpg

DSCF1516.jpg



この後、磐梯吾妻レークラインを走って猪苗代湖へ。

途中にあったドライブインで昼食。
イワナのてんぷら。
身は柔らかく骨や頭まで食べることができた。
ドライブインの横に渓谷へ降りていく道があったので途中まで降りて行った。(中津川渓谷)
急な階段で途中母親がもう引き返したいと言うので断念。

20150502_040511935_iOS.jpg


磐梯吾妻レークラインを抜けてから磐梯吾妻スカイラインへ。
一昨日、通行止めだとニュースで言っていたけどもしかしたら解除されているかも、と期待したけれどやはりダメ。
どのガイドにも風景がすばらしい道と書いてあり楽しみにしていただけにがっかり。

DSCF1542.jpg

東北旅行-3

DSCF1487.jpg


3日目。

大内宿へ出発。
事前にウェブで調べたところかなりの渋滞、混雑が予想されたため早めに出発。
R118を走る。。
ここでもみんな結構飛ばすので焦る。+30とか。フツーのよう。

県道329に入る、峠道。
引き返すなら**キロ先でUターンできます、なんて看板をいくつか見かけた。ここまで来て諦めざるを得ないような渋滞があるんだな。
GWだけど今日は平日。
全然渋滞がなかったのはそれでなのか。

9時ごろ大内宿に到着。

DSCF1485.jpg

DSCF1488.jpg

DSCF1493.jpg



まだお店が開いていない間にひと歩き。
ほぼ全ての家が何らかのお店をしていて、考えていたのと少し違うなぁ…
イザベラバードが宿泊したという家もあった。

DSCF1495.jpg


少し早いお昼は高遠そば。
ネギをかじりながら食べる。
大根おろしも入ってるので辛い。
後で知ったけれど人気店だった様。

DSCF1499.jpg


大内こぶしラインを走って会津若松市内に戻って日新館。

DSCF1500.jpg


磐梯山ゴールドライン経由で裏磐梯を目指す。
まだまだ残雪がある。

DSCF1507.jpg

DSCF1510.jpg


桧原湖をくるっと一周。

DSCF1512.jpg

DSCF1514.jpg



明日は五色沼を散策し、猪苗代湖。
旅行も折り返し地点。

東北旅行-2

2日目。

北方博物館。
新潟の豪農伊藤家のお屋敷。
兵庫にはここまで立派な農家の屋敷はない。
さすが日本の米どころ、圧巻。

DSCF1453.jpg

DSCF1447.jpg

DSCF1449.jpg

DSCF1451.jpg

DSCF1468.jpg


この後、庄屋笹川家住宅へも行ってみたけれど、まさかの休館日。。。
祝日の翌日は休館日の表記。がっかり、、、

気を取り直して会津若松を目指す。
磐越自動車道は渋滞なくスイスイ。カメラもなかった、、、と思う。
しかし、一車線は気を遣うなぁ。
どのくらいの速度で走ればいいのかいまいち分からない。
えーって思うくらい速いのもいるし。
姫路神戸、なにわも走ってたな。遠くまで来て地元のナンバー見るとなんとなくうれしくなる。

鶴ヶ城。
DSCF1471.jpg

DSCF1476.jpg

DSCF1474.jpg

DSCF1475.jpg

DSCF1478.jpg


その後、会津若松武家屋敷。

DSCF1480.jpg


明日は、裏磐梯へ。
磐梯山ゴールドラインが楽しみだなー。

20150430_094350373_iOS.jpg
会津若松B級グルメソースかつ丼。
少し胃もたれぎみ(汗

東北旅行


今年のGWは8連休♪

今日から母と新潟、福島を旅行中。
母が行きたいところへ行く。
神社仏閣や古民家等の観光が目的。

一日目は舞鶴自動車道と北陸道経由で約700K、移動が中心で観光は弥彦神社と五合庵のみ。

舞鶴自動車道も北陸道もガラガラで渋滞もなくいいペースで気持ちよく走ることができた。

新潟市内におりてからは信号が多いことが気になった。
こんなところにいるのかなーっていうような交差点にも信号、、、すぐ引っ掛かる。

明日は新潟市内を観光し、会津若松方面へ移動予定。

DSCF1426.jpg
DSCF1428.jpg
弥彦神社。

DSCF1429.jpg

国上寺。

DSCF1434.jpg

五合庵。

DSCF1439.jpg

五合庵近くの吊り橋からの眺め。

DSCF1441.jpg

新潟名物へぎそば。
しっかりした食感でおいしい!



2015 お伊勢参り。

DSCF1312.jpg


今年も伊勢神宮へ参拝へ行ってきた。(3月16日)
日帰り往復約500km、久々にワタシが運転する長距離ドライブ。

もう暖かいだろうと軽装で行ったのは大失敗だった。
考えていたよりも寒く、そして大雨。。。
平日だから参拝客もそう多くないだろうと考えていたけれどそれも誤算。
卒業旅行や年配のバス旅行らしい人が多かったかなー?
外宮はそう混雑していなかったけれど内宮の駐車場は満車(120分待ち)で一番はずれにある駐車場に停めることになってしまった。
天気が良ければそのくらい何ともないのだけれど、、、この寒さに雨はキツイ。
もっとゆっくり歩いて参拝したかったけれど、少し早足で参拝。

DSCF1318.jpg


お昼はすし久でてこね寿司。
結構なボリュームでお腹はいっぱい。

昼食を済ませたら、翌日は仕事なのですぐ帰路に。
久々の長距離ドライブに疲れたのかこの日は帰ってすぐ寝てしまった。
500kってこんなにしんどかったっけ?
GWはこれ以上の長距離ドライブの予定だけれど、、、だいじょうぶかなぁ。。。

赤穂で牡蠣。

20150123_050146640_iOS_convert_20150125233359.jpg


久しぶりに両親、弟と赤穂へ牡蠣を食べに行ってきた。

赤穂温泉 夕映えの宿 銀波荘

こうやって家族そろって出かけるのは何年ぶりだろう。

入浴と食事(昼)がセットになったプランで、個室ではなかったけれど、他のグループの席
と十分間隔がとってあったので周囲の話し声も気にならずゆっくり過ごすことができた。

今年は小ぶりと聞いていた牡蠣(赤穂坂越の)も出されたものは丸々と太ったものばかりで満足のいく内容だった。

20150123_035425815_iOS.jpg


温泉は、湯船の縁と海との境界線が重なって、海の中にいるように感じる景色。
ほぼ貸切の状態だったので長風呂、風景がいいと何時間でもこうしていたい。

歳のせいか、温泉が好きになりました。
他人と同じお湯に浸かる事や洗面器や椅子などの道具を共用することに抵抗があったことが
うそのようです。
人って変われるものなんだなぁ。。。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。